×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豊胸手術がコンビ二感覚

豊胸手術とは一般的に胸を大きくしたり、美しくするための手術です。豊胸手術によって、巨乳、美乳、豊胸、最近では爆乳になることも可能になりました。豊胸手術とひとくちにいっても、ひとそれぞれ理想のバストがあります。今や豊胸手術によって豊かな胸、美しいバストを手に入れることは憧れから、現実の物へとなりました。
豊胸手術は大変な外科手術の印象がありますが、近年では手軽にバストアップができるプチ豊胸手術というものがあります。お出かけ感覚で豊胸手術ができるなんて夢のようですね。今や豊胸手術はコンビニに行く感覚で出来るようになりました。
豊胸手術の主な手術方法は代表的な物が3つあげられます。まず豊胸手術の手術方法には@プロテーゼ法というものがあります。A脂肪注入法があります。Bヒアルロン酸注入法がありますが、ヒアルロン酸を注入して豊胸手術によって形や大きさを整える方法です。

豊胸手術のプロテーゼ法

豊胸手術のプロテーゼ法は最も一般的な手術方法です。豊胸手術に使われるプロテーゼはシリコン製のブラパッドのようなバッグです。豊胸手術のプロテーゼの中身は生理食塩水やハイドロジェルが使われております。豊胸手術に使われるプロテーゼのバックは破損する事もあります。
豊胸手術に使われるプロテーゼの製造は厚生労働省で認可されていないので国内では製造できません。豊胸手術に使われるプロテーゼの寿命は生理食塩水のもので10年から14年くらいといわれていて、寿命があるために豊胸を保ちたいと思ったら再手術が必要になります。
豊胸手術に使われるプロテーゼにはコヒーシブシリコンというものがありますが、豊胸手術に使われるコヒーシブシリコンは表面がざらついている物と表面がつるつるしているものがあります。豊胸手術に使われるコヒーシブシリコンのバッグの形状は丸型か変形丸型(涙型)の二種類があります。

豊胸手術の脂肪注入法

豊胸手術の脂肪注入法は自分の脂肪を使って胸に脂肪を注入します。豊胸手術の脂肪注入法は自分の脂肪を使うため、他の施術方法より安全といわれています。豊胸手術の脂肪注入法はプロテーゼパックのような異物を入れないので、傷跡も小さくなるのが特徴です。
ただし、豊胸手術の脂肪注入法は自分の脂肪を使って豊胸手術をするため、脂肪を注入してもその脂肪がしっかり定着するのは3割ほどといわれています。よって豊胸手術で理想のバストラインを作りたい方にはあまりお勧め出来ません。
豊胸手術の脂肪注入法では、あまりにもやせているため豊胸するための脂肪が搾取できないことがあります。脂肪注入法で豊胸手術をした場合個人差がありますが、自分の脂肪を注入するため体内で脂肪が吸収され、結果的に豊胸前よりも胸が小さくなることがあります。豊胸手術の脂肪注入法でのバストアップを期待するなら2回以上の施術が必要です。
豊胸手術の脂肪注入法は嚢胞(のうほう)と呼ばれる出来物のようなものが出来る原因にもなるので、注意が必要です。豊胸手術の脂肪注入法の脂肪は定着するときに、周囲に繊維性の細胞が出来るので触ると小さな塊として感じます。脂肪注入法で豊胸手術をしたときに出来る脂肪の塊は、超音波検診で腫瘍として誤解されることが多々あります。豊胸手術をされる前に乳ガン検診でご自分の乳房を検査しておくことをお勧めします。

Copyright © 2007 豊胸手術で手軽にバストアップ